いつもへりのほう

崖っぷち女子大生2人が本を読み人生について語ります。

ゆっくりゆっくり戦うゆとり

 サカナクションのスローモーションて歌が好きだ。

あと黄色い車って歌が好きだ。

 


サカナクション「スローモーション」MUSIC VIDEO

 

 

ゆとり世代だからなのか、この二曲の歌詞がすごく刺さる。

特に、「行けない つらりつらりと行けない」とか「ゆっくりゆっくり行けばいいのさ」ってところがいい。

安心するから。

 

 

 

でもわたしはたまにトップオブヤンキーの半田さん(仮名)が言ってたことを思い出してしまう。

 

わたしが通っていた中学は校舎の窓ガラスが割られてるタイプの学校だったので、クラスの半分くらいがヤンキーまたはヤンキー予備軍だった。

ある時、クラスの不登校の子が久しぶりに登校してきた。でも結局クラスに馴染めずにまた不登校になってしまった。よくある話だ。

トップオブヤンキーの半田さんも半分不登校みたいな感じだったのだけど、それはクラスに馴染めないからとかじゃなくて気分次第で来たり来なかったりって感じだった。ヤンキーの中のヤンキーだから学校に来るも来ないも自由なのだ。

久々に学校に来た半田さんがクラスの近況を隣の席の人に聞いていたのだが、その時、再度不登校になったあの子の話になった。

半田さんは「だめじゃん」とその子について一蹴した。

そのあとポツリと「戦わなきゃ」と言った。それでその会話は終わった。

何でもない一言だけど、わたしにとってこの「戦わなきゃ」というのはものすごく衝撃的だった。

 

半田さんも戦ってたなんて!

生まれ持ったヤンキー気質とか怖い顔だけでトップオブヤンキーとして君臨してるわけじゃなくて、半田さんだって戦いの日々を送っていたのだ。その時は全く知らなかったが、半田さんが実はいろんなものと戦ってたのが後々わかったので、しばらくしてからもこの「戦わなきゃ」はじわじわ来て、いまだに覚えているのだ。

生きるということは、戦い続けるということなのだ。結果に関わらず、生きてる限り勝負は繰り返される。いろんな形で。

当時、スクールカーストが社会の全てだったわたしにとって、半田さんの「戦わなきゃ」という言葉はいろいろなことを悟らせるに十分だった。

 

そんで、わたしは中学を卒業して女子高に入った。そこでわたしは誰とも戦うことなくぬるま湯に浸かりきって4年間を過ごした。友達と男を取り合ったり、部活の大会で勝ち上がったり、偏差値を高くするために切磋琢磨したりすることはなかった。

大学も特に何かと戦った記憶はない。

戦う前に逃げてしまったし、戦いそうになったら戦わなくていいように努力した。

そして、ずっといろんなものの最下位や最下層にい続けた。

 

そして、ちょっと辛いことがあるとすぐにへこたれてきた。そしてサカナクションを聴く。

なーんだ、山口一郎だってぐずぐず悩んでるし、「ゆっくりゆっくり」でいいんじゃん!

と思って安心する。

 

ぬくい。いや、ぬくかった。これまでの人生。

 

 

そんなわたしもついに会社員になった。

会社という所は、今までみたいにぬくい場所ではなさそうだ。

 

怒られたくないので、手の爪には何も塗っていない。

 

これからは、ゆっくりゆっくり戦い続けようと思う。

まあ、わたしがわざわざそんなこと思わなくても、戦いは強いられるんですけど。

今度は逃げずに戦い続けようと思うのだ。

 

だからといって、完全に大人にもなりきれず、足の爪にはこっそり子どもっぽいショッキングピンクを塗って出社する。ばれないから平気平気なんて思いながら。

 

そんなわけで、もう女子大生でもないし、相変わらず本の話も書かないまま、ブログは続きます。

そういえば、村上春樹の『アフターダーク』には「ゆっくり歩け、たくさん水を飲め」って台詞が出てきますね。これも安心するのでとても好きです。

 

 

 

やっと本の話ができた…。

 

 

M

平野レミになりたい

平野レミになりたい女は多い。
平野レミみたいになりたーいって言ってる女、あなたの近くにもいるんじゃないだろうか。
わたしの周りには割といる。

 

わたしも平野レミみたいになりたい。

 

 

なぜ平野レミに憧れるのか。
それは、平野レミは最強の女だからだ。
平野レミは誰にも負けない。
結婚していて、夫はあの和田誠。義理の娘は上野樹里
自分も仕事をしていて夫婦で稼いでいる。
スキルを活かしてメディアに引っ張りだこ。
シャンソンも歌える。
平野レミはおよそ女が欲しい名声を全部持っている。

平野レミ栗原はるみにも速水もこみちにも負けない。他の料理研究家にはない魅力とレシピがあるから。

 

女のあらゆる脅威から解き放たれた存在、平野レミ
今日も画面の中で飛び跳ねながら、変な料理を作って人々を魅力する。


平野レミになりたい。無敵だから。
平野レミになったらもう何も怖くない。
結婚できるかどうか不安になったりしない。お金の心配をしない。自分がどう生きればいいのか迷ったりしない。平野レミになりたい。早く。

 

 

 


でも、本当に平野レミになっていいのだろうか。
平野レミの料理研究家としての成功は、彼女の努力と才能と運の結晶に違いない。
何も持ってないわたしが平野レミみたいに振る舞ったとして、ただのやかましいおばはんになってしまうんじゃないか。
何の努力もせずにあのチャーミング&ユーモラスな感じが出せるわけがない。

 

 

 

これが、平野レミに憧れることの罠だ。

 

 

このままでは、平野レミになりたいけどなれなかった平野レミゾンビが大量発生してしまう。ハイテンションでブロッコリーを皿に突き立てたりする平野レミゾンビたち…。


両手にブロッコリーを握りしめた平野レミゾンビはいつか気づいてしまう。
自分がただやかましいだけだということに。
いつまでたっても平野レミにはなれないことに。

 

 

 


そんで、平野レミになりたーいって言ってる女たちはその未来のことをちゃんとわかっている。
なりたいけど、なれないことをわかっている。だから死んだ目をして平野レミになりたい発言はするものの、実際に平野レミ的振る舞いはしない。

 

 

 

 

本当はこう思っている。
平野レミみたいに、なれたらいいのに。

 

 

以下、参考動画です。


Web限定動画「平野レミの神ワザ!1分クッキング? ぶっさしグラチー編」

 

 

 

M

ゆとりにウケる朝ドラを考える

朝ドラが苦手だ。
朝から前向きを押し売りされるのがいやだ。
こっちはもっと寝てたいのだ。
眠いから出かけたくないし、本当は何もしたくないのに、朝ドラの登場人物たちは今朝も夢に向かって奮闘する。
打たれても打たれてもめげない。
何度でも立ち上がる。

 

わたしは絶対に朝ドラの主人公にはなれないと思う。
だって朝からこんなに眠くて、やる気がない。

グータラ人間は、朝から前向きサクセスドラマなんて観たくない。

 

 

映画『モラトリアムタマ子』みたいな朝ドラだったら観たい。


映画『もらとりあむタマ子』予告編


大学を卒業したが、働かないタマ子。
一日中漫画を読み、ダラダラするタマ子。
働いている父親に家事全般をやらせ、自分は一切手伝わないタマ子。

 

タマ子の物語だったら、「きょうのわんこ」みたいにほっこりした気持ちで眺めることができる。
タマ子みたいな人間もいるけど、自分はそうではないからがんばろうと思える。たぶん。
自分はグータラ人間だけど、タマ子みたいにはならない程度にがんばろうと思える。きっと。

そんなゆるゆる朝ドラを求む。

 

 

 

いつか実現しそうだけど。
少なくとも、今ではない。

ヒロイン中島はありうるのか

友達に変な人が多い。
いっしょにこのブログをやっているRも言っとくけどすごい変な人だ。

 

 

ヒロイン失格』という漫画がある。

ヒロイン失格 1 (マーガレットコミックス)

漫画も映画も大変面白いので知らない人はぜひ読んでほしい。

 

 

本作品の主人公、はとりはすごく変な女だ。
はとりは少女漫画の主人公らしからぬ態度と方法で、不器用に、意中の男の子にアタックしてアタックしてアタックしまくる。

 

はとりには中島という親友がいる。
いつも冷静にはとりを悟し、読者と主人公との橋渡しをする。

中島の名前は、お馴染みの彼に由来する。

 

 

そう、『サザエさん』の中島くんだ。
彼もまた、カツオというコンテンツ性の高いキャラクターの添え物として、作中での役割を果たしている。

 

 


わたしは中島なのかもしれないと思う。
いつも、キャラの立った友達に振り回され、呆気にとられ、ツッコミを入れている気がする。

わたしは漫画やアニメだったら、メインキャラの親友ポジションな気がしてならない。

 

 

 

そんなのやだ!
中島だって、ドラマチックな恋して幸せになりたい!下の名前まで覚えてほしい!
(ちなみに『サザエさん』の中島くんのフルネームは、Wikipediaによれば中島弘らしい)

 

 

 

 


まあ、でも、ほんとはやだなんて思ってないからこういう立ち位置にいるんだけど。
中島としてブンブン周囲に振り回されるのがたぶん気に入ってるのだ。

 

 

 

しかし、中島的ポジションの人がヒロインまたは主人公の漫画やアニメがあったら、それはそれで気になるので誰か教えてほしい。

 

 

 

 

 

 


おーい、野球しようぜ。

ブンブン

 

M

承認欲求かわいい

わたしは常に金欠なのでバイトをたくさんしている。
先日も派遣スタッフとして、某小学生向けイベントで働いてきた。
風邪うつされたらやだなあとか思いながら、指示された通り適当に小学生(正確にはもうすぐ小学1年生の子)たちの相手をしてあげるのだが、彼らが、ものすごく、かわいかった。
特に、彼ら彼女らが自慢をしてくる時がかわいい。

 

「俺そろばん教室行ってるから。計算早いから」
「わたし勉強得意」
「僕、漢字書けるから書いていい?」
などなど。

 

かわいすぎる!
殺す気か!

 

ご期待に応えてあげようと、ここぞとばかりに褒めてあげるとこれまたすごく嬉しそうにするのだ。場合によっては自分で自慢しといて照れたりするのだ。

 

かわいすぎる!
殺す気か!(二度目)

 


そう、小さな子どももまた、承認欲求の塊なのだ。

 


映画『きみはいい子』(2014)を観た。


映画『きみはいい子』予告編

 

学級崩壊、虐待といった家庭や学校の問題がとても丁寧に描かれていた。

 


※以下ネタバレあり

 

 


何人かの子どもに焦点が当てられ、問題の根深さとか酷さを見せつけられる。
しかし、わりとあっさりと映画は終わってしまい、いやそんな簡単に解決しないでしょ、とモヤモヤさせられた。

でも、よく考えたら、問題は何も解決してないことに気づいた。

 

物語の内容をざっくり言うと、学級崩壊してしまったクラスの担任の先生(高良健吾)や、子どもに暴力を振るってしまう親(尾野真千子)や、障害をもつ子どもの親たちがそれぞれ悩んでいる。
最後には人と人との繋がりが希望をもたらす、という感じだ。(超絶ざっくりです)

尾野真千子が子どもに暴力振るうシーンがめっちゃ怖いです。

 

物語は終わっても、おそらく、というか絶対それぞれが抱える問題は解決していない。たぶん、とても長い時間をかけて向き合っていくのだ。

学級崩壊は一旦おさまっただけだし、子どもに暴力を振るってしまうのだって、たぶん急にはやめられない。おばあちゃんの認知症も進行し続けるだろうし、神田くんの家庭とか全然まだまだだ。

それに気づくと、この映画が言いたいことがなんとなくわかったような気がする(たぶん)

で、この映画の良さをさらに良くしてるのがタイトルだと思う。
「きみはいい子」の「きみ」にはやはり、子どもたちだけでなく、この映画に出てくる大人たちも含まれている。
大人だって「きみはいい子」って言われたい。褒めてほしい。
認めて、ハグしてほしい。(本作品では「ハグ」が意識的に何度も登場する)


みんなそれぞれの問題を抱えたまま生きていなくてはいけない。
その問題の奥には、承認欲求があるんじゃないかというのが、この映画を観て思ったことだ。

 

 

そんで、何が言いたいのかというと、承認欲求というのは、醜いもののようで、素直に発揮すればすごくかわいいものだということだ。

わたしは他人の承認欲求に気づくと反射的にうざいとか醜いとか思ってしまう。そういう人は少なくないと思う。
だって盛り盛りの自撮りとか、リア充アピールとか、マウンティングとか、うざいんだもん。

でも、承認欲求って本当はもっとかわいくて良いものなのだと、ちびっ子たちに気づかされたのだった。

 

 

 

 

 

 


あ〜〜小学生かわいい〜〜
何かに目覚めそう〜〜!!!

 

 

M

そろそろ大人になる宣言

わたしの爪は今ギラギラしている。誕生日プレゼントにもらったラメのネイルをつけているからだ。こういうネイルはあと少ししかできない。

わたしはもうすぐ大学生から会社員になる。会社員は派手すぎるネイルをしていると、仕事に支障が出る。わたしは周囲の評価とか印象をすごく気にするタイプなので、派手なネイルは絶対にしない。

 

4月になったら、もう爪を派手に塗ることはできない。

かわいいスマホカバーも使えなくなる。髪を金色にすることもできない。(したことないけど)

変な柄のトレーナーも着れないし、面白い絵が描いてあるトートバッグも使えない。

ある朝、急に思い立って遠くにでかけることも、話が盛り上がってしまって徹夜で友達と過ごすこともなかなかできない。

 

わたしは思い立ったらすぐやりたい人だ。思いついてからそれを実行するまでにブランクがあるのが嫌だ。

面白くて、やる意味があることほど、その時やらないと永遠にやらなくなってしまうと思うからだ。

 

わたしは、自分のこの性質を実行力があることだと思っていた。

でも、逆なんじゃないかと思うようになった。本当に実行力がある人は、思いついてから時間が経っても、ちゃんと準備して計画して、努力して、うまく時間を使ってやり遂げるんじゃないだろうか。

 

そういう人になりたい。なる。大人だから。

形だけじゃなくて、ちゃんと大人になる。見た目も中身も大人になって、やりたいことをちゃんとやる。

 

 

そんなわけで、ブログを書きます。

拙い文章ですが、読んでいただけたらとても嬉しいです。

 

ちなみに、初夢は知らないおじさんに追いかけられるというものでした。

Rの夢に出てきたおじさんと同じ人かもしれません。

 

 

M

初夢

初夢は1月2日の夜に見た夢という説があるらしいです。

 

夢の話します。

 

うろ覚えなのですが、たしか人生に生き場をなくし、なかなかブスなおじさんと結婚しなければいけないという夢をみました。

 

どうしても、そのおじさんと結婚したくないわたしは、電車で中高の友達と、今自分が直面している事実について追及されるが、はぐらかしながら結婚式をドタキャンするという夢をみました。

 

末恐ろしいです。気持ち悪いです。

 

ちなみに、その電車内にはいろんな友達がいましたが、なぜかみんな眠そうで、私は皆をケアしていました。

 

ネットで夢占いをしたら、「逃げ出す」というキーワードには「現状から逃れたい。目の前にある厄介なことや放置したままの問題があるのかも。しかし運気は上昇の傾向にあり、物事の好転が期待できそう。」とあったので、ポジティブに捉えようと思います。

 

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正月3日目にしてだれてきました。

 

どうやったら、生き生き毎日をすごせるんだーーーーーーーーーーーー

もう嫌だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぜったいとりかえしてやるーーーーーーーーーーー

 

あああああああああああああああああああああああああ